ブログ TOPへもどる

刑事事件・刑事弁護の記事一覧を見る

背任 横領

業務上横領、背任の被害を受けたから、告訴して欲しい。
業務上横領行為で告訴されそうだ。
という相談を時々受けます。
通常、答えは次のとおりです。
被害額はいくらですか。
居住地の警察で、被害の相談してください。
必要があれば、警察に同行しますし、
告訴状をまとめます。
警察は、話を聞いてくれると思います。
そして、直ぐに、相手を呼び出して、
事情聴取してくれることもときどきあります。
しかし、
背任や横領は、急いで捜査してくれません。
証拠をよくみないと分かりませんが、
直ぐに、告訴状が受理される可能性は、殆どありません。
数日で逮捕ということもまずありません。
民事の回収での圧力として刑事手続きを
使おうとすることは、警察は嫌がります。
告訴が受理されても、逮捕して起訴されるまでに、
背任、横領では、普通、年単位の時間がかかります。
しかも、その間に、返金されれば、まず、刑事の問題は生じません。
ただし、弁償できない金額が100万円を超えている場合、
刑事手続に進めば、実刑の可能性が出ます。
加害者からの相談の場合は、取り込みがあっても、
あわてるな、返金できれば打丈夫です
と言います。
ということで、背任、業務上横領の被害にあった場合、
警察に助けてもらうことは、なかなか困難です。
刑事手続は、すべて税金を財源とする手続きで、高価な社会的資源です。
殺人や交通死亡事故の捜査が優先されるのは、当然かも知れません。
背任や横領されないような体制を作ることが重要です。
なお、売却依頼として商品を渡したが、
代金が支払われなかった、
というだけでは、必ずしも横領とは言えません。
物を引渡したが、途中で、
何らかの事情で代金が支払われなくなったという場合、
例えば、車の売却を依頼して車を先に渡したが、
当中で盗まれて代金をもらえなくなったような場合
刑事での横領の被害、とは言えません。
もっとも、民事の損害賠償請求は、できるでしょう。
ところが、後見人が本人の財産を横領した場合で、
家庭裁判所が告発した場合は、必ず、厳重に捜査されます。
被後見人本人に、横領されることを防止する手段がないから、
重く取り扱われるのだと思います。

コメント投稿は締め切りました。

ブログ TOPへもどる

刑事事件・刑事弁護の記事一覧を見る