ブログ TOPへもどる

刑事事件・刑事弁護の記事一覧を見る

道路交通法違反

交通違反は、誰でも行なってしまう
可能性がある事件です。
しかし、限度を超えると、厳しく処罰されます。
無免許(多くは、免許取消後の運転)も、4,5回以上の回数を
重ねると実刑になります。
スピード違反も、制限を時速70キロ以上超えてしまうと、
正式に起訴され、執行猶予付きの懲役刑になります。
酒酔いはもちろん、酒気帯び運転でも、
基準の数倍になるほどだと、逮捕勾留されます。
私は、無免許、スピード違反、酒気帯び運転の
どれも、弁護経験があります。
刑事弁護としては、
これらの犯罪が、形式的な規制違反犯罪なので、
何をしても、余り刑罰が変わらないことが、
困りものです。
公務員や弁護士は、執行猶予付きの判決を
食ってしますと、失職、資格喪失します。
高速道路の151キロ走行
(80キロ制限で71キロオーバー)等は、
やってしまいそうなだけに、注意が必要です。
どうしても、罰金で済ませなくてはならない場合、
弁護活動に、有利になることは、なんでもやることが必要でしょう。
500万円交通遺児育英会に贖罪寄付してみる、
等まで考えてみる必要があるかもしれません。
もっとも、可能性は0ではないものの、
減刑には限度があるので、高額の贖罪寄付をしても、
軽くなるかどうかは分かりません。

コメント投稿は締め切りました。

ブログ TOPへもどる

刑事事件・刑事弁護の記事一覧を見る